登録不要!すべて無料ダウンロードして使える思考補助テンプレート集

4835354126_834e350d9e_b

通常のビジネスシーンやプロジェクトでも使用できる、思考を助けるツールを誰でも使用できるように一般公開しました。ここではそれらの講座で使用されているツールを簡単に紹介します。

  • ビジネスアイデア発想シート

アイデアを出せ、と言われてもなかなか出るものではありませんが、アイデアを出すには才能が必要なわけでもありません。このシートは、今後成長が期待される分野の旬なキーワードを5つ抜き出し、参入機会がありそうなネガティブキーワードと総当りで組み合わせることによってニーズが見込める事業ドメイン候補を作成していきます。

  • プレゼンテーション評価シート

いくら事業案が優れたものであっても、その素晴らしさが他の人に伝わられなければ意味がありません。このシートは、受講生のプレゼンテーションをデザイン(設計)、デコレーション(装飾)、デリバリー(伝達)という3つのポイントから評価します。

  • 議事録ひな形

どんなビジネスを行うにしても、ミーティングはチームの方向性を統一させるためには必要不可欠な要素といえるでしょう。

この記事でも紹介したとおり、効率性を考えると議事録はミーティングの前にほとんど埋めてしまうことをオススメします。この議事録シートを見ながらミーティングを進めるため出席者のコンセンサスをとるのが容易で、議題の進捗も可視化できます。

  • 指摘事項管理表

事業案のブラッシュアップには、事業案の作成>発表>ダメ出しという名のフィードバック>反映させた事業案の作成>発表、というようなPDCAサイクルをどれだけ回すことができるかがカギになります。このシートは、講師やメンター、大学研究室や関係者からのフィードバックをどのように反映させているか管理するものです。

  • 事業案評価シート

そして最後に、自分たちの考えたビジネスプランが本当にイケているのか確認する必要があります。
このシートは、市場性、収益性、存在意義性、実現可能性、ビジョンの5つのポイントから事業案を評価します。

というわけで、以上の5つのツールを紹介しました。
講座そのものに興味を持った方はこちらから説明会に参加してみてくださいね。

高澤(講師兼メンター5年目)

Pocket
LINEで送る