2週間で大金持ち!? ~TAIA講座へ挑戦したいと思ったあなたへ~

TAIA講座とは何か、何のために行うのか

TAIA(Translate an Idea into Action) 講座とは、たった2週間でビジネスアイデアを実際に試し、できるだけ多くのお金を稼ごうというプログラムです。昨年度から本講座にて新しく取り組んでいるミニ課題です。

この講座を行った背景として、以下の点を実際に行動して検証して欲しいという想いが運営側にありました。

  • とにかく積極的に行動し、どんどん仮説→検証を繰り返す
  • 自分の考えたビジネスアイデアで本当に稼げるのか試す
  • ニーズはあるのか、ターゲットはどこか検証する

これらは事業を成立させるのに欠かせない要素であり、この課題を解決するという位置づけで本講義を企画しました。

なぜ儲けることが必要なのか

受講生の多くは「儲ける」という視点が欠けており、「世の中の困り事を解決したい」、「儲けなくても社会に貢献できればいい」といった考えを持ってNPO的なビジネスアイデアに取り組みがちです(これは日本人全般の傾向でもあります)。しかし、起業し持続可能なビジネスを成り立たせるためには、適正な利益を出すという視点が必要不可欠です。

この感覚を受講生にどうやって伝えるか。そのヒントを“ティナ・シーリグ”のスタンフォード大学での講義から得ました。彼女はスタンフォードの学生に企業家精神の養育をする際、5ドルを元手に2時間で、できるだけお金を増やすことを学生に課したのです。(http://guutex.com/archives/313?lang=ja

この講義を応用し、アントレ講座でも同じような体験をしてもらったのです。

実際の結果はどうだったのか

昨年度受講生のアイデアと2週間での利益は以下の通りです。

・学生限定のパーティ(合コン)の運営     ¥77,015

・東大TLOへの特許活用調査            ¥56,000

・メッセージを入れられるリンゴの販売     ¥20,240

・ジンジャーエール/コーヒーの移動販売   ¥17,560

・ルイボスティーの販売                     ¥ 6,993

その他諸々

企画から実行まで2週間で、上記の利益を得ることができました。

取り組んだ受講生へ後日感想を聞くと、

・自分でも利益を上げることができて驚いた。行動すれば何とかなることを実感した。

・とりあえず、何でもいいからやってみることが重要なのだと気付いた。

・今度やるときはもっと儲けたい!!

といった声が上がりました。これはまさしく我々が望んでいた気づきであり、受講生のその後の課題への取り組みにも大きな影響を与えました。

ティナ・シーリグも自身の講義を次のように振り返っています。

「教訓として、私たちは常に問題を狭く捉えがちだということ。蓋を開ければ開けるほど、私たちの資源は想像していたよりも大きくて価値があると知るのです。私たちのスキルや周囲に広がる可能性は、思っていたよりもっと大きなものだと気づくのです」

この気づきを多くの人に味わってもらうこと。これがこの課題の大きな価値なのだと思います。

 

さぁ!!あなたも2週間で大金を稼ぎましょう!!

TAIA講座はアントレプレナーシップ論講座の本講座にて今年も開催します。実施期間は2015年5月27日(水)~6月10日(水)の2週間です。本講座を受講して参加するもよし、2週間だけ腕試しするもよし。皆さんの挑戦をお待ちしております。

本講座への参加申し込みはこちらから。

http://openschooljapan.org/

TAIA講座のみ参加したい方は tana7891@gmail.com

までご連絡ください。