質問力

「質問力」

質問すれば相手が答えてくれます。
質問できるかどうかは、仕事の質に大きく影響します。
質問の目的は事実をつかむことです。
便利なのは、5W1Hです。
なぜそうしたのか、何をやったのか、どうやってやったのか、いつやったのか、どこでやったのか、などを聞いていきます。
もう一つ重要なのは、なぜ、なぜ、なぜの質問です。
5W1Hそれぞれに、なぜ、なぜ、なぜと深めていくと、
表面的な事実が本質的な事実になっていきます。
いつも質問を深めていく習慣をつけておくと
良い質問ができるようになって、
事実にもとづいた良い発想ができるようになります。
実は相手の話を聞くことが質問でもあります。
こちらがたくさんしゃべっていては相手がしゃべる時間がありません。
相槌は無言の質問でもあります。
もっと聞きたいという好奇心のまなざしは
何にもまして質問なのです。

TOP

講座主催 柴田

By: Maryland GovPicsCC BY 2.0