普通の女子大生が、起業という手段に出会ったのは

DSC_0222-sss
こんにちは。2013年度(昨年)受講生の岡田です。
今日はこの講座を受けて思ったことを書きたいと思います。

大げさではなく、変わったこと

人生が変わる…?!
「アントレで人生変わった」と言うとおおげさに感じる人がいるかもしれませんが私は本当にそう思います。
かくいう私もアントレに入った当初、Yさんの「私はこの講座で人生が変わりました」というHPの一言を見て「まさかー」と思っていたうちのひとりですが…笑

受講前は、起業は遠い話のように感じていて、「将来のために少しビジネスについて学びたいな」くらいに思っていました。情報科学科でビジネスのことにはほとんど触れたことがなく、学生団体等にも所属していなかったので「3C?」「4P?」「5F???」「議事録って何…?」というレベルでした。

そんな私ですが、今では以前よりはビジネスのことも分かるようになり、ビジネスコンテストでファイナルまで進ませて頂いたり、インターンをしながらこの講座でつくったプランを進めつつ「起業」を考えたりするようになりました。

なぜこんなに変わったのか書きたいと思います。

講座で得たもの

講座では様々な人に囲まれながら課題に取り組みます。そうした中でいろんなものを得ることができました。

実践的なビジネスの知識
まったくビジネスについてわからなかった私ですが、企業課題をこなしていくことで前よりもわかるようになりました。また、今まで出会った事のないようなチームメンバーと一緒に課題をこなしていくことで「チームビルディング」を学びました。

プレゼンスキル
講座ではほぼ毎週1回、全部合わせて15回ほどチームで発表し、フィードバックをもらえる機会があります。誰が発表するかはチームでの話し合いになりますが、積極的に発表すればプレゼンスキルを向上させることもできます。
人との繋がり
講座には他大生から社会人まで様々な人がいます。社会人の方は、メーカー、インフラ、IT、外資、起業された方等本当に様々です。
またTAや講師の方と繋がっている方はさらにいろんな方がいます。

どんな業種にヒアリングにいきたい場合でも関連分野の知り合いの方とほとんど繋いで頂けたのも嬉しかったです。
企業課題では社長さんが課題を出してくださり、今まで雲の上の存在のように感じていた社長のお話をじっくり伺ったのも新鮮でした。

「発すれば返ってくる」
プランに行き詰まったとき、一旦発表を見て欲しいとき、「メーリスに相談を投げかければ、必ず誰か反応してくれる」「様々なバックグラウンドを持った人達からコメントをもらえる」というのも講座の特徴だと思います。

「できる」ということ
講座中はたくさんの壁にぶつかります。例えば私たちのチームでは第二企業課題の最終発表の3日前に、ヒアリングによって今まで進めていた「建築」のプランがうまくいかないことがわかりました。そこで発表3日前に急にプランを「介護」へ変更しました。他のチームが1か月かけて準備している中、3日で何ができるのだろうと思いましたが、チーム一丸となって準備したところ、準優勝することができました。このような経験から「一見できなさそうなこともやってみればできる!」ということを実感しました。

その後の繋がり
講座後は講座の方の他のビジネス講座やビジネスコンテストを教えて頂いて参加したり、社長をご紹介頂いて、その方のもとでインターンしたりするようになりました。

ビジコンで行き詰まったときや、リハーサルを見て欲しいときは講座の方に相談したりコメントを頂いたりもしました。この講座がなければビジコンを勝ち抜くことはできなかったと思います。
また、たまに池袋で講座の方が開催している朝会に参加しお互いの近況を確認し合ったり、逆に今年はTAという立場で新たな視点で学んだりしています。

無料でこんなにたくさんのことを経験し、学べる講座はなかなかないと思います。
すぐあきらめがちな私ですが講座は本当に楽しく、最後まで参加することもできました!

講座に興味を持った方は是非、説明会に参加してみてください♪

Pocket
LINEで送る