始動Next Innovator 補習「始動カフェプラス」

こんばんは、TA竹内です。

 

今日は始動プログラムの補習がありましたw

 

シリコンバレーに参加できなかった人たち向けの、シリコンバレープログラムの裏プログラムとして事業案をブラッシュアップする機会です。少人数制のピッチとメンタリングをやってきました。

 

結論から言うと参加して非常に良かったです。

 

一人当り40分くらいの持ち時間があったこともあり、かなりがっつりディスカッションをすることができました。

 

というのも、

 

先月シリコンバレー選抜会が終わってから、社内で自分の案を発表する機会を頂き、まだ活動としてはかなり地味ですが、有識者から様々な意見を頂き検討を進めております。あと、外で並行してデモ開発もやっています。

 

が、

 

有識者から頂く意見は結構厳しくて、セグメンテーションの掘り下げに課題があり、また、コンテンツが本当にお客様が求めているものか極めて怪しいという感じになっています(ここを検証するためにデモ開発をやっています)。なので、割とここ2週間くらいは頭を悩ませつつ、本業もまた忙しくなってきたので、そっちへ逃避行していました。

 

今日のメンタリングでは、Accentureの戦略MDで金融機関を見ている方からコンテンツの切り口や事業展開に関するアドバイスを頂きましたが、これが結構刺さりました。まだ頭が整理できていないですが、短期的な目標と中長期的な目標(ビジネスの将来像)が少し見えたような気がします。足元と将来をどうつなげて、経営陣にどう見せるか(既存ビジネスとのシナジーとかは、社内的に話を進めていくためには超重要)、作戦を練るのにワクワク感が再燃してきました。

 

さて、

 

考えることから逃げずに、考えて、人に説明して、フィードバックをもらって、また考えてってサイクルを回し続けなあかんってことを実感していますが、これって本当に簡単じゃないと思います。心底ハマってしまえば簡単なんだろうけど(ドラクエをクリアするまで睡眠時間削って100時間くらいやり続ける感じかなw)、心底ハマれるものに出会うのってそれはそれで巡り合わせ、縁だったりします。松下幸之助さんの「成功とは、成功するまで続けることだ」と言いますが、追求することを続けること、ワクワク感や情熱の火を燃やし続けることは言うは易し行うは難し。

(だからこそ、自分で事業を起こしてそれを続けている人は、それだけで本当にすごいと思います。尊敬。)

 

そんな時こそ、

 

じっくり本読んだり考えを巡らせる時間も大事だけど、定期的に色んな人と話して自分の思考の外側から刺激を受けることが大事と思いました。完全に火が消えていない限り、もう一度焚きつけるのはそんな難しくないです。あと、いつもと違う思考に触れるのはただそれだけで価値があると思います。

 

というわけで、

 

今年のアントレ講座に参加しよーかどうか迷っている方、卒業した後も外から刺激を受け続けたいと思うなら、是非アントレ講座にご参加下さい。15年分のOBネットワークやノウハウの蓄積はとんでもない価値があります。自分次第で周りの人たちから力を借りて人生にレバレッジをかけることができると思います。

 

ではでは。

 

Pocket
LINEで送る