成長には、覚悟、責任

「成長には、覚悟、責任」

講座の卒業生でどういう人が成長したかというと、立場、立ち方が変わった人です。
自分が全部責任を引き受けてやらなくちゃという態度に変わったときに大きく成長しています。
言い訳もないし、逃げるわけにもいかない。そのとき人は変わります。
講座の3ヵ月の期間中に、そういう覚悟が決まる出来事があるとは限りません。
何時かそういうときが来て、自分の覚悟が決まる日が来ると思ってもらいたいです。
親に頼っている人がおおい学生ではなかなか難しい。
社会人になったとしても、会社に依存していては難しい。
会社に勤めるのが良くないと言ってるのではありません)。
会社に勤めていてもいいのですが、勤めていると甘えがちになるという意味です。
20年以上親に依存していた学生が社会人になるのは、きわめて大きな転換点(社会人になってもパラサイトする人もおおいそうですが)。
会社に長く勤めると、会社に依存していることを感じなくなってしまいます。
学生のときは親に依存し、社会人になってからは会社に依存しでは、成長なんてないです。
成長して一人前になった人は、顔つきが違います。
言動も違います。
断然、かっこいいです。
そういう人になりましょう。
講座では、そういう意味でのかっこいい先輩とたくさん話してほしいです。

TOP

講座主催 柴田

By: Andreas WienemannCC BY 2.0