講座受講体験記〜2015年受講生きゃりーの場合〜

こんにちは。TAぽーるです。今回のブログは、2015年度に本講座を受講し、現在はビジコンなどで大活躍中のきゃりーこと葦苅晟矢さんの受講体験記です。講座を受講する当初は人見知りだったという彼が2000人の観衆の前で堂々とプレゼンし、先日4月23日の初回説明会では英語のプレゼンを披露してくれたきゃりー。彼の等身大の声に耳を傾けてみませんか?

 


 

「たかがサークルの幹部なんて何のアピールにもならない。」

そう言われたことがあります。これまでの大学生活の多くをサークル運営に捧げた僕にとっては悔しい一言でした。それなら残りの大学生活は商学部生としてビジネスプランコンテストで実績を残そうと決意。検索して見つけたのが「アントレプレナーシップ論講座」でした。

 

 まず講座を受講して、人見知りの僕は社会人がたくさんいる環境に萎縮してしまいました。最初のチームも自分以外は年上の理系院生。なかなか自己主張ができずにモヤモヤしていたのを覚えています。そんな中でチームの講師&TAの皆さんが後押しして下さったおかげで少しずつですが、発言できるようになりました。

 

 講座初期のゲスト講義は大きな転機でした。大学の先輩でもある吉藤さんの話に完全に魅了されました。コンテストでも輝かしい実績を持つ彼はこの日から僕の大きな目標になりました。講座が終わったら彼が出たコンテストには全部出よう、そう決意しました。

 

 また講座を通してプレゼンテーションについて深く考えるようになりました。「何のために発表するのか?」聴衆を意識して発表の目的から考えるような経験は初めてで印象に残っています。この他にも講座では多くのことを学びましたが、「アントレ」は間違いなく僕の学生生活を大きく変えてくれました。
 講座後は最終課題で発表した事業案について継続して取り組んでいます。これまで多くのビジネスプランコンテストに参加しました。もともと人前で発表するとなると非常に緊張してプレゼンテーションは苦手でしたが、場数を踏むことで少しずつ慣れてきました。幸運にも目標としていたみんなの夢AWARD6の舞台で2000人の前でも発表する機会もありました。国内のコンテストでの目標は達成したので、今後は海外のコンテストに挑戦します。英語でワクワクするようなプレゼンテーションをすることが今の目標です。

2015年受講生 早稲田大学3年 葦苅 晟矢

 

Pocket
LINEで送る