本を読もう

「本を読もう」

実際に人に会って話を聞く方が本で読むより断然いいです。
でも、ネットで検索するだけよりは本を読む方がいいです。
何か調べようと思ったら、その分野の文献はすべて当たるのがいいです。
本ならアマゾンで検索すればだいたい出てきます。
図書館で検索することもできます。
全部を一人で読むことはできないので
チームで手分けして当たるのがいいです。
本を読むのは目的ではないので、
そればかりやっていても意味がありません。
高速に調べつくすのがいいです。
読み飛ばしはもちろんOKです。
早く読むコツは簡単な本から始めることです。
概念がわかってくると早く読めるからです。
最初から難しい本にあたるとなかなか進まないものです。
読めばいいというものでもありません。
読んで頭の中に構造を作るのことで事実の把握を的確に行うために
読むのです。
掴んだ構造をチームで共有し、
お客さんに何をしてあげればいいかを導き出しましょう。
本を読まずに案を出すことは不可能です。
アイディアはわいてくるものではないのです。
関連することがつながってアイディアになるのです。
もちろん、関係ない分野の読者がアイディアに生きることもよくあります。
なので、たくさん読むことはよいことなのです。

TOP

講座主催 柴田

By: cbranstoCC BY 2.0