ノーベル文学賞受賞のボブ・ディランが言いたかった「答えは風に吹かれている」という意味とは

アントレプレナーシップ論講座運営担当の高澤です。
今月は入学式のシーズンですが、ステキな記事があったのでご紹介しますー。

平成29年度学部入学式 式辞 (2017年4月7日)

今年度の京大の入学式におけるお祝いのことばなのですが、ここでボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」の歌詞が引用されています。

“The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind

友よ、答えは風に吹かれている”
という言葉で終わるのです。

これはボブディランが21歳のときに作った歌で、「答えは風に吹かれている」というのは、「答えは本にも載っていないし、テレビの知識人の討論でも得られない。風の中にあって、それが地上に落ちてきても、誰もつかもうとしないから、また飛んでいってしまう」という気持ちを表したものなのです。

ここで僕らが学ぶことができるのは以下の点です。

・世界の多くのことには、テストと異なり正解がない
・答えは座学で教えてもらったりググっても出てこない
・だから答えを探そうとしたら、自分で探す必要がある

僕らのアントレプレナーシップ論講座では、残念ながら正解を教えることはできません。
でも、答えを探そうとするみなさまに対して探し方を教えることはできます。

もし風に吹かれている答えを見つけたいと思ったら、今月からの講座に参加してみてくださいね。

以上、アントレプレナーシップ論講座からお送りしました。
というわけでまたー。

高澤(メンター7年目)

Pocket
LINEで送る