20分前の法則

遅刻は、自分のブランドイメージ(信用)と仕事のクオリティーに大きなマイナスを及ぼします。いい仕事ができるかどうかはいろいろな要因が影響します。まず、その場にいなければ、試合に出れないというスタートがあります。

学生にとって定刻は表現された通りの時刻でしかないでしょう。

プロになると、20分前、30分前にその場にいることは当然のこととなります。

1回でも遅刻してしまうと、遅刻するというマイナスのイメージをなかなか払しょくできません。

遅刻だけでなく、仕事もできないというマイナスイメージにも拡張されていきます。

交通機関の遅れや体調の不調を加味して、余裕をもってというのもあります。

しかし、それは20分前、30分前に到着することの本質ではありません。

交通機関の動向くらい読めなくて仕事なんてできませんし、

体調不良では、勝てるわけがありません。

20分前、30分前に到着するのは、

その時から呼吸を整え、イメージトレーニングをして

試合開始(ビジネスで言えば商談)の時に、勝った状態になるためです。

時間は大切です。余裕はないかもしれません。

20分前、30分前から始まるというのは、

余裕のあるなしではなくて勝つための前提なのです。

講座では、20分前、30分前の新たな習慣を身につ行けてください。

TOP

講座主催 柴田

By: The Magic Tuba PixieCC BY 2.0