新コミュニケーション論(仮):「公益」の意識

新コミュニケーション論(仮)は「公益」を意識している点が従来型コミュニケーション論とは異なります。
ゼロから億の付加価値を生み出してきた過程でわかったことは、仕事ができる人は間違いなく公益を意識してます。何度もお願いしたくなる人や、自分もそうです笑
自分の第一印象を良くすることよりも、相手を初対面開始10分でディスることも厭わないという、自己中心的な人間には理解しがたい行動に出ることもあります。表層的なトークでメンタルブロックが外れることはないからです。
何か深く突き詰めなければAIに代替される時代が来るわけで、感情のぶつかり合いは益々価値を持ち始めます。一旦メンタルブロックを外さないと感情の発露は起こりにくいからです。
世のポジショントーカーは、考える力が弱い人々や情報弱者を表層的に煽って薄く広く巻き上げる自己中心行動で一貫しており、新コミュニケーション論(仮)は真正面から衝突するものとなります。公益に反するからです。
7/5,12にリアルスタートアップコミュニケーションという題目の講座を、新コミュニケーション論(仮)を活用しながら、柴田さんとの対談形式から徐々に周辺を巻き込むフリースタイルで行います。個人的には学生よりも会社に飼いならされている思考停止中の社会人に来て欲しいので、ある程度オープン開催も検討中です。
当日は公平性を担保するため、典型保守企業勤務の自称社畜を横に置いてリアルタイムの批判を受けられる体制で進める予定です。
19時より文京シビックセンターで開催します。

Pocket
LINEで送る